ヘルプ

ここから始まる古都の旅

写真: ここから始まる古都の旅

写真: 平家物語 悲恋の寺~祇王寺の苔庭 写真: ポピー咲く丘

京都・嵐山 竹林の道
ひと・人・ひとで道は撮れませんでした。
新緑はとても綺麗!

アルバム: 公開

お気に入り (12)

12人がお気に入りに入れています

コメント (24)

  • tora(お休みします)

    嵯峨野かニャ~♪

    2017年5月31日 18:48 tora(お休みします) (24)

  • らんさん

    素敵な竹林いいですね~
      ナイスショット!

    2017年5月31日 18:50 らんさん (10)

  • arisa

    嵐山の竹林とても綺麗で素晴らしいですね^^

    2017年5月31日 18:51 arisa (59)

  • コンギツネ

    スっと伸びた竹・・・静けさを感じる美しい切り取りですね!

    本当に京都は観光客が多過ぎですね。

    2017年5月31日 19:10 コンギツネ (0)

  • ろごきっと

    素敵なアングルです。

    2017年5月31日 20:33 ろごきっと (118)

  • 春の小川

    子この竹林 20日に行ってきました。

    2017年5月31日 20:36 春の小川 (23)

  • kei

    すっきり伸びて気持ちいいですね~

    京都、いいな~~

    2017年5月31日 21:52 kei (109)

  • ちくら(chikura)

         *古都の旅 まずは嵯峨野の 今年竹
    若々しい今年竹を見てみたいですね。
    今頃ならまだ皮を脱ぎ終わらない竹もありそうな。

    2017年5月31日 23:57 ちくら(chikura) (0)

  • ヒデシ

    京都には竹林が似合いますね(・。・)

    2017年6月1日 03:13 ヒデシ (39)

  • 萩の郎女

    toraさん、ありがとうございます。
    ?十年ぶりの嵯峨野で感激でした。

    2017年6月1日 14:41 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    らんさん、ありがとうございます。
    数万本の竹が生い茂るこの竹林の佇まいに憧れて訪れました。

    2017年6月1日 14:44 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    arisaさん、ありがとうございます。
    日曜日で混雑していましたが、上を見ると笹の葉の間から新緑と明るい空が見え、十分楽しめました。

    2017年6月1日 14:49 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    コンギツネさん、ありがとうございます。
    まっすぐに伸びた竹が時折サラサラと音を立てて揺れ、爽やか気分を味わえました。混雑で写真を撮るのは苦労しましたが、着物姿の外国の人たちや若い人たちにも人気のスポットとの事で、賑わいに紛れて楽しめました。

    2017年6月1日 15:03 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    ろごきっとさん、ありがとうございます。
    すっきり晴れた日でしたので、見上げて撮るのも発見が色々あって楽しめました。

    2017年6月1日 15:09 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    春の小川さん、ありがとうございます。
    春の小川さんも行かれたとのこと、新緑の季節を満喫されたことと思います。

    2017年6月1日 15:15 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    keiさん、ありがとうございます。
    すっきり伸びた竹は日頃の疲れを癒してくれました。
    keiさんもぜひ行ってみてください。

    2017年6月1日 15:18 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    ちくらさん、こんにちは。
    旅の初めの期待感を今年竹に込めて句を詠んでいただきありがとうございます。
    所々に育ち盛りの竹が皮を脱ぎ捨てていく様子が見られました。少しずつ新旧交代していくのでしょうか。

         *嵯峨野から始まる初夏の癒し旅

    2017年6月1日 15:37 萩の郎女 (0)

  • 萩の郎女

    ヒデシさん、ありがとうございます。
    そうですね。平安時代の趣を肌で感じることができました。

    2017年6月1日 15:39 萩の郎女 (0)

  • みちのく三流写真家

    素晴らしい竹林ですね。

    2017年6月1日 17:52 みちのく三流写真家 (150)

  • 萩の郎女

    みちのく三流写真家さん、ありがとうございます。
    竹林を縫うように走る小路は人波でいっぱいでしたが、まっすぐ空に伸びた竹と新緑の美しさを味わうことが出来ました。

    2017年6月1日 23:29 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

          *筍(たこうな)を喰い損ねたり今年竹

    耳を澄まして、爽やかな竹籟を聴きましょう。  

    2017年6月3日 22:45 ちくら(chikura) (0)

  • 萩の郎女

    ちくらさん、ありがとうございます。
    なかなか味のある俳句ですね。筍は味が滲みにくくて、、、。
    たこうなとはニクいなー。また一つ言葉知りました。

    2017年6月4日 15:53 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

         *朝掘りの筍並ぶ三和土(たたき)かな
    泥の乾かぬ筍を三和土に見たは幻か
      山の畑の桑の実を 小かごに摘んだはまぼろしか♪

    2017年6月10日 11:09 ちくら(chikura) (0)

  • 萩の郎女

    ちくらさん、コメントありがとうございます。
    三和土はたたきと読むんですね。
    作詞家にもなれそうです。
    幼少期の原風景はいつまでも脳裏に焼き付いているものです。
    おだやかで長閑な環境でお過ごしになったのですね。

    2017年6月10日 21:57 萩の郎女 (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。